ミネラルファンデーションで使うブラシの特徴

“付けたまま眠っても肌に優しいと人気があるミネラルファンデーションは、ミネラルで作られていて、界面活性剤やシリコン類、水もオイルも使用していないので、肌に良くない成分と言われている防腐剤や安定剤が入っていないファンデーションです。オイルなどが含まれていないので、クレンジングと洗顔料でのW洗顔がいらないので、肌に負担をかけなくて済みます。カバー力があり塗っている感が強いメイクから、素肌っぽいナチュラルな仕上がりの肌つくりにトレンドが変わり、ナチュラルに仕上がるミネラルファンデーションの人気が、さらに高まってきています。油分やポリマーを含まないので、気になる所に重ね塗りしても、厚塗り感がないことも、選ばれる理由のひとつです。
ミネラルファンデーションで使うブラシの特徴は、毛が短く、密集していてコシがあることです。毛先が丸く整えられたきのこ型ブラシや、毛先がフラットな物が一般的です。肌に対して垂直に使うことで、きれいにつき、高度なテクニックはいらないので、使いやすいブラシです。ミネラルファンデーションを少量付けたら、余分な粉を落として、肌にトントンと軽く置き、くるくるとなじませると、均一につき、つやも出てきれいです。くるくるしているうちに、ファンデーションがきれいに密着していくのが分かります。重ね付したい時は、少量のファンデーションを薄く重ねていくことがポイントです。ベールをまとったように肌が整うので、しっかりカバーしているのにナチュラルで好感が持てる仕上がりになります。”

ミネラルファンデーションのメリットとデメリット

ミネラルファンデーションは肌の綺麗な女性の間で人気です。肌につけた時に化学変化せず、負担が少ないというメリットがあります。ミネラルファンデーションは通常のファンデーションと違い油分や防腐剤が入っていないため、付け心地もさらっとしていて素肌感を出しやすいのも特徴です。つけたまま寝てしまったとしても肌への負担がほとんどないので、忙しい女性にもおすすめです。ニキビができてしまった時などに一時的に肌に優しいミネラルファンデーションを使用するという方法もニキビを悪化させないので良いです。メイク落としも普通の洗顔石鹸で簡単にできるので、ごしごし擦る必要がなく美肌になれます。肌のバリア機能を壊すことなくメイクを落とせるので肌トラブルも減ります。デメリットは崩れやすいことです。肌に優しい分、密着して崩れにくくする成分が入っていません。朝は綺麗な状態ですが、時間が経つにつれて徐々によれてしまうことがあります。定期的に化粧直しをして綺麗な状態を保ちましょう。また、オイリー肌の人には不向きです。皮脂が浮きやすい上に肌に密着する成分が入っていないので、すぐに崩れてしまいます。オイリー肌の人がミネラルファンデーションを使う場合は、皮脂を吸着するタイプの下地を塗ると崩れにくくなります。パウダータイプのため持ち運びにくいと言う人も多いですが、そういった場合は小さなケースに入れ替えてもち運びできるようにすると良いでしょう。