新米ママの使ってよかった!妊娠線予防クリームランキング

シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)

シラノール誘導体って最近よく聞くけど、そんなにいいの?妊娠しているのに使っても大丈夫?シラノール誘導体について、徹底的に調べてみました!


●シラノール誘導体とは?

シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)は、ケイ素化合物の最もシンプルな形を、肌バリヤを通過しやすく作られたものです。ケイ素は単体では存在しにくいため、シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)として化合されます。

ケイ素は、人体に必要なミネラルのひとつであることが、認められました。しかし、ケイ素は年齢とともに減少していきます。また、体内で生成できないため、必須成分として外から取り入れることでしか、補う方法がありません。


●シラノール誘導体の働きと効果

・コラーゲン同士の結びつきを強くして、弾力性を高めます。
・シラノールはケイ素として皮膚の中に留まり、形状保持の働きをします。
・ケイ素の保水力で、乾燥から細胞を守ります。
・シラノールは、フリーラジカルを抑え、過酸化脂質の抑制作用があります。

体内では血管や内臓機能を健常に保つ役割のあるケイ素。このケイ素が減少することで、骨や歯、血管や腱が脆くなる原因のひとつになっています。


●妊婦にも使えるの?

もちろん!海外ではとっくに妊娠線予防成分として、妊婦さんたちの間で使用実績があります。シラノールが持つホメオスタシス(環境の変化に問わず、一定の状態に生体組織を保つこと)は、妊娠線だけではなく、深く刻まれてしまった皮膚のシワにも効果が期待されています。